全寮制のフリースクール玄海は、子どもの自立心を養いながら、勉学に励み成長していくフリースクールです。

嶋田聡の今週の一言

 »  嶋田聡の今週の一言

2 / 1312345...10...最後 »

下ー中-上

2019/11/15

「下-中-上」は前-中-後です。勉強で言えば予習-学習-復習となります。門題は「中」しか

 

考えてない人がすごく多いことです。「中」は仕事や学習になりますが、前と後ろがないのがマズい

 

のです。頭(下 前)-胴(中 身)-足(上-坐)において,頭下部分では何かをする前にしっかり頭を

 

使うことです。手前を作る、下拵(ごしら)えするのです。整えて置くことです。マッサージを試合後

 

にやる人がいますが、前にやっておくべきです。胴中部分は楽に簡単にやる事です。楽に簡単にやる

 

ために前があるのです。その場になって頑張るのを力みと言います。真ん中に詰め込まないことです。

 

詰め込むと故障したり、「うまくいかないと才能や運動神経がないのじゃないか」と考えてしまいます。

 

真ん中に詰め込まず前後に広げることです。負担をかけないようにすることです。足上部分はこれからの

 

事を考えることです。練習や試合が終わった後、課題があればいつまでにそれを克服するのか目途が立て

 

られれば、翌日の練習が楽になります。プロの選手は前に1.5時間から3時間、トレーニングの終わった

 

後、1.5時間から3時間かけています。サッカーのクリスチーナ.ロナウド選手は試合後ドリブルやフリ

 

ーキックの練習を2時間やるそうです。野球の新庄選手は夜中の3時から指立ての倒立を繰り返していた

 

そうです。前中後にそれぞれ3時間かけても9時間、一日でまだ16時間もありますから大丈夫です。

 

 

 

 

基本

2019/11/11

 基本について勘違いしていることがあります。

 基本A - 応用A - 熟達A 

 基本B - 応用B - 熟達B 

 基本Ⅽ - 応用Ⅽ - 熟達Ⅽ

 基本は種ですから、ニンジンの種を植えなければニンジンになりません。基本万能説は

 

 ありません。Aが白菜、Bが人参、Ⅽがネギとします。基本A- 応用B- 熟達Cはないのです。

 

 同じ職種でも転職したらうまくいかないものです。白菜の会社から人参の会社に行ってもうまく

 

 いかないのです。A-A-A B-B-B C-C-Ⅽ は流れであり流派です。流れを無視して

 

 基本Aの人が熟達Bを見て「僕には才能がない」とか「どうせやっても駄目だろう」というのは

 

 トンチンカンでおっちょこちょいと言えます。基本の最初を教わった時、出来上がりを想像しておく

 

 ことです。野菜の種だけ見れば区別できませんが、袋のパッケージを見て出来上がりをイメージする

 

 ことです。上手くいったらどうなるのか、大きくなるとどうなるのかを楽しみにしてゆくことです。

 

 基本はいくらでもあります。流れを見極めて流れのどこにいるのかを一個一個確認ししながら、

 

 進んでゆくことです。

 

 

 

活き

2019/11/01

 活きのいい球を投げるピッチャーとはどんなピッチャーなのでしょう。また逆に活きの良く

 

 ない死に球を投げるとはどういうことなのでしょう。あるピッチャーが持ち球として

 

 ストレート、カーブ、シュート、フォークの4種類を持っているとします。ピッチングは

 

 打者に対する配球をキャッチャーとします。キャッチャーが「どれがいいかな?」と考えて

 

 サインを出します。ピッチャーの得意なストレートではなくカーブを提案したところ、

 

 首を横に振ったのでストレートに変更しました。ピッチャーは最初「イラッ」として

 

 次に「仕方ない」と思ってストレートを投げました。投げた「死に球」は打たれてしまいました。

 

 キャッチャーがストレートのサインを出し,自分もそれが一番と思って投げたら「活き玉」です

 

 から打たれません。頭を下げる時、全世界の人達が持っている「活き玉」があります。

 

 「ありがとうございます」「おねがいします」「すみませんでした」「あいさつ」です。

 

 ボールを投げないとゲームは始まりません。言葉を使うことでゲームが始まります。ポイントは

 

 四つの言葉を物事の始まりに持ってこれるかです。アルバイトに行ったら、まず自分から挨拶 して

 

 仕事のやり方をお願いして聞きます。教えてもらったらお礼を言います。必ず新人は失敗するので

 

 すみませんと謝ります。いつでも迷わず、遅れず、元気よくやる事です。元気よくとは穏やかであり

 

 朗らかなことです。相手が代わったらこれをやらない人がいます。野球部員が野球部顧問の先生の

 

 社会科は元気よく挨拶するのに、他の教科の先生は無視するようなことです。年下相手でも同じです。

 

 シンプルに毎日の生活に向かい合うとき、素軽く爽やかさや潔さをもっておくことです。

 

 

 

 

 

困る人

2019/10/25

 困る人は困り癖のある人です。困る人は日常生活の中で、他の人、事と接触するとき

 

 様子見をします。「この人はどんな人かな?」「何をしているのかな?」入り口で様子を

 

 見るので困ってしまうのです。相手が何をしてくるのか分からないので不安になり心配に

 

 なるのです。何もしていない時から困っている、行く前から不安心配でいっぱいになります

 

 から行かないのです。別の言い方によれば後手癖といいます。「じゃんけんしよう」と言って

 

 グーを出せば相手は何かを出します。「おはようございます」と言われて逃げる人はいません。

 

 基本先手で不安を消すのです。たったこれだけです。じゃんけんしたとき相手はじゃんけんする

 

 しかありません。挨拶されれば相手は応えるものです。 先手で不安を消すというのは大体相手が

 

 何をしてくるかわかるということです。先手を打って相手の反応があれば次に考えて、先手2を打ち

 

 相手の反応2があれば、考えて先手3を打ち相手の反応3を見ます。重要なのはこうすればこうなると

 

 勝手読みしないことです。予定を立てないことです。理想的な展開を勝手に考えるからよくないのです。

 

 クライマックスシリーズのソフトバンク工藤監督は一戦必勝で戦っていました。勝手に流れを読まない

 

 ことです。        「先手必勝後手必敗」  先に挨拶することです。

 

 

 

 

問題の種

2019/10/19

問題の種は言い換えると困る、苦しいの原因です。一番大きな勘違いは苦手、嫌いだから

 

困っていますは原因ではありません。好きなことが良いことで正しいならば、嫌いなことは

 

好きではないので悪いことになってしまいます。好きだからうまくいかないと困るのです、

 

好きだから問題ないでしょではなく、好きだから問題なのです。今、避難所の中で受験勉強

 

している中学生がよく頑張っていると褒められるのはおかしいのです。小学生がトイレの

 

水くみのバケツリレーをしているのだから、手を止めて水くみをするべきです。好きなことはほどほどに

 

嫌いなことは嫌いじゃない程度に面白さを見つけることです。個人的に面白さをひねり出すのです。

 

嫌な事が続くと性格的に意地悪になります。意地悪は暮らしにくいものです。

 

仁(やさ)しさは人と一緒に生きてゆけます、優(やさ)しさはやさしいふりを演じます。

 

好きなことは少しおさえる、嫌いなことは嫌いじゃないレベル迄もっていく。嫌いじゃないことを

 

増やすと物事が長続きして、可能性を最大限引き出せます。この下地が出来たなら目標を掲げることが

 

できます。大人になるのは「嫌いではない」を目指すことです。

秘訣

2019/10/11

物事をスタートしてゴールに向かうとき、受験や試験は幅と内容が決まっているので楽と言えます。

 

線路のように同じ幅で続けて行けばゴールできます。運転免許の試験も予想問題をやれば、

 

変な問題は出ないので合格できます。今、人生を階段状のピラミッドとイメージします。頂上を

 

目指して登り始める時、最初は簡単ですが段々上に上がるにつれて上手くいかない材料だらけの

 

困難な状況になってきます。商売や人間関係など人生で出会う問題は免許や資格をとったらうまく

 

いくというものではありません。何かの領域で頂点に行こうとすればまっすぐ線路を進むように

 

努力しても絶対上手くいきません。イチロー選手が1000回素振りの時、10000回素振り

 

しても彼のように打てるようにはなりません。ピッチャーは打たれないように投げてきますから。

 

バッティングセンターで球をバットの芯でとらえてホームランでも、真ん中ストレートを投げて

 

くれません。素晴らしい曲を書いたら世界が認めてくれません。面白いゲームソフトを作ったら

 

売れません。曲が売れない要素を潰してないからです。ソフトが売れない要素を潰してないからです。

 

百人百様上手くいかない材料を分析してください。それを想像して潰していってください。これを

 

どこまで自分を追い込むかがきついのです。練習して体がきつくなるのがきついではありません。

 

困難な状況を突き詰める、そしてそれに対応してゆくことです。これが願望へ向かう秘訣です。

 

気持ちで動く 心で動く

2019/10/04

 する事があり、していく事があり、予定があるとき、これらについてどう思うかは気持ちです。

 

 気持ちや気分は一定しません。気持ちや気分が一定しているのは動物である限り無理です。

 

 ボクシングのスパーリングの最中、気分は一定しません。ランニングではスタート直後は飛ばして

 

 疲れるとスローペースになり、応援されるとまた元気になって走ります。スピードは折れ線グラフに

 

 なります。気持ちが揺れるのは人間味があるのですが、それが迷いや悩みになると前に進めません。

 

 迷いや悩みは必然と考えて、迷うのは当たり前と考えるときりがありません。子供は気持ちで動く

 

 のですが心で動くと楽になります。心で動くは大体、全体的に方向性を決めるのです。「大きくなろう」

 

 と心に決めて掃除、食事、勉強、運動するならば、物事が起こる前に大体決めているので、先手必勝と

 

 なります。早く、大きく、強く、たくましくなろうなど大まかに決めるなら、「じゃー食事はどうしよう」

 

 と確実に進むことが出来ます。気持ちで動くは後手必敗です。スケートのフィギアの選手は美しくなろうと

 

 決めて練習するので美脚になりますし、スピードの選手は早くなろうと練習しますから太腿はとても大きく

 

 なります。心で動くは先手必勝で、気持ちで動くは後手必敗です。しなやかに、美しく、粋などいづれか

 

 大枠決めて同じ方向にずっとずっと行く事です。

 

 

機が熟す

2019/09/28

 何かを達成しようとするとき機が熟すと言います。

 

 機はごく小さなかけらの集まり、熟すは自分も他者もどちらも明らかになるチャンスです。

 

 ポイントは狙わないことです。最初は色々な考え方を経験することです。色々やってみることです。

 

 自分は理系だからとか、自分は体育系だからと勝手に決めないことです。

 

 次に積むことです。運動や勉強、挨拶や家事など総合力を高めることです。朝走ることも

 

 食器を洗うことも坐禅することもみんな伸びる要素なのです。

 

 三番目は蓄えるです。十分やっていける段階です。これで食っていけると感じる頃です。

 

 最後に熟すです。チャンスが来たら挑戦できます。この段階では周囲の支えは自然についてきます。

 

 周囲が支えたくなるような人間になることが大切です。

 

 世の中には、綱渡りをしているような人がいます。ロープに乗っているので、左右に落ちないか

 

 いつも不安で感動しません。感動しないから感謝がありません。余裕がないから挨拶できません。

 

 考えていることはロープを進めるかどうかだけですから、前に人がいると困ります。

 

 道幅を広げることです。狙いにかかってやせ細らないようにすることです。

 

 中学生、高校生の時代は、年代的にまだ狙う時代ではありません。色々な経験を積む時期です。

 

 食欲の秋、実りの秋です。自分はどの段階にいるのか振り返ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

的になる

2019/09/21

  弓道の世界で究極は「的になる」です。「的をねらう」について考えてみると、人生に置き換えると

 

  「こうしたい」「こうなりたい」になりますが、最初からこうしたらこうなるはずと分かるはずが

 

  ありません。それは至難のことです。赤ん坊のころから凄い人がいないように、いきなり的を狙って

 

  当たる天才はいないのです。次に「的に近づく」ですが、これは出来ることからコツコツやって、

 

  苦労して努力を積み上げてゆくパターンですが、努力を数打ちと理解して大きな目標に向かうものです。

 

 一途な思いは届かないこともありますし、面白みがありません。みんな努力のサクセスストーリを

 

 作りすぎです。絶対一回目ではうまくいかないという思い込みを持っていると、上手くいったコツを

 

 覚えていませんし、努力したうえで良い結果が出るという固定観念を持っていると、一回目で的に

 

 当たったのはおかしいとなります。まず、やるべきはその的の方面にざっくり向かうことです。そして

 

 とにかく色々打つことです。成功、不成功関係なくあらゆる方法で考え尽くす限り打つことです。

 

 この方面、領域に向けて「これだ」を見つけたいのなら、方面だけ決めてあらゆる方向に打つこと

 

 です。打ち方を考えてみます。上手くいかなければ、又、変えてみることです。落ち込んだり、

 

 喜んだりする必要はありません。「これだ」というものはタマタマ偶然に来ます。上手くいったときに

 

 覚えていないと勿体ないです。覚えているには 気を抜かないことです。便宜的に色々考えて、色々

 

 やってみることです。後は偶然を得るまで気を抜かずやることです。

 

 料理の達人は言います。「おいしい料理しか作れません」 弓道の達人は言います。

 

 「的にしか当たりません」は「的になる」です。

 

 

正当

2019/09/13

 「正当」はまさしく当たるです。間違っていませんとかケチつけられることはしていませんということ

 

 ではありません。まさしく当たるは経験するということです。経験することによって色々感じることが

 

 できます。出会う人や事がいつも優しい、気持ちいい、楽しい、嬉しいものではありません。朝、起きて

 

 走るとき、起きるのが楽しい、走るのが嬉しいわけではありません。筋肉トレーニングはきついものです

 

し、書類づくりは面倒なものです。出会った人が皆、優しい、気持ちいい、楽しい、嬉しくなる人は王様

 

 以外いません。筋肉トレーニングのジムはきつくて楽しくないから駄目だという人は、筋トレを正当に

 

 やるときついということをわかっていません。また、走るのがきつく感じるのは自分が本当にやる気

 

 になっていないからと考えるのもよくありません。物事に当たる前に想像してみることを「当たり前」

 

 と言います。苦しいものは苦しいまま、面白いものは面白いままにやってみることです。色々な思いを

 

 持ちながら挨拶すると、返事が返ってきて「あれっ 結構いいひとじゃん」となるかもしれません。

 

 きついランニングを 走っていると「思ったより結構 楽じゃん」となるかもしれません。それは変化

 

 ですし成長と言えます。つまらないものと思っていたことをチャレンジしてみると、「そうでもない

 

 な」と思えれば成長していることです。甘い楽しい経験だけでなく辛く苦しい経験は、人生に

 

 厚みを増し色合いの深 いものにしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

経験、事実

2019/09/06

人は何かの事実があると変化します。毎日何かあるわけですから必ず人は変化します。良いことが

 

あれば、あったことにします。褒められたらそのことを続けます。ただこのことは誰でもやること

 

です。経験を生かしています。勿体無いのは辛いことや嫌なことがあると無かったことにしてしまう

 

ことです。無かったことにしてしまうと、また繰り返してしまいます。その経験、事実を無かったこ

 

とにするのを死なすと言います。生かすは「ありました」ですが、経験を活かしてほしいのです。

 

活かすは大きく成長、変化してほしいのです。犬は褒められるとその行為を続けます。「お手」が

 

出来るとおやつを上げれば、ずっと「お手」を続けます。イルカは違います。高いジャンプをして

 

イワシをもらうと次は色々な高さに飛んで、より高いジャンプでイワシ2匹もらうと、今度は立ち

 

泳ぎをして三匹のイワシをもらうことになります。人は必ず成長してゆくものです。より強く、

 

より優しく、よりやわらかくなるものです。大きく成長するチャンスは毎日の生活のなかにあります。

 

毎朝走るとき、昨日も眠たそうに走り、今日も眠たそうに走り、明日もそうであば経験を行かしては

 

いますが、活かしているとは言えません。苦しいことがあったり、辛いことがあったりしますが、

 

「せんがない」「しょうがない」のです。それらのお陰で強く、賢く、優しくなれば逞しい人です。

 

つらい経験を活かして上向きに生活することです。お陰様はその経験を活かしきったという意味です。

 

「活かすも殺すもお前次第」という言葉があります。自分の伸びしろの多いところ自分で見つけるのが

 

ベストです。

 

 

 

 

 

お盆

2019/08/09

 もともと仏教には、先祖の霊も、またそれが返って来るというような観念はなかった。

 

 人は死後も霊魂となってこの世にとどまり、家族のもとへ帰ってくるという一種の

 

 祖霊信仰は、おそらく、日本に昔からあった死後の魂についての素朴な信仰と大陸から

 

 伝わった儒教的な祖先の魂の観念が複合され、仏教との習合を引き起こしたのだろう。

 

 死んでも魂は身近にとどまって遠くへは行かないというのは,日本人の根源的な宗教観の

 

 ようなものである。魂を祖霊と同一視する傾向にあるから、魂という観念は、家の観念と

 

 深く重なっている。魂が幽界から一時帰宅するお盆に祖霊に手を合わせることで、

 

 少しは厳粛な気持ちになり、多少は普段の自分を反省することになるのだろう。

 

 西洋には絶対神があり、現世での道徳や規律や義務はそこからきている。そのようなものが

 

 ない日本が、死生観も祖霊の観念も、そして家の観念も見失った今の日本が 道徳や規律を

 

 失っていくのも無理はない気がする。

 

 

 

 

危機

2019/08/02

 危機管理やリスク回避という言葉がよくきかれます。危機はピンチでありであり、逆は好機チャンス

 

 

 です。人は仕事やスポーツ、人間関係に於いてピンチは避けたい、回避したいものです。チャンスは

 

 

 向上する、前進する事ですが、前進する気がないのにピンチは避けたいという人がいます。ボクシング

 

 

 のリング上で勝ちに向かっているとき、相手のパンチを避けるのは防御ディフェンスであり、それは

 

 

 必要なことです。おかしいのは、相手を倒す気もない人は、相手のパンチを避けているのではなく、

 

 

 逃げているのです。ピンチを回避するには挑戦チャレンジすることです。チャレンジを続けていると

 

 

 前向きで明るくなります。チャレンジを辞めると後ろ向きで暗くなります。上手くなりたいとか強く

 

 

 なりたい気持ちがなくて、負けたらどうしようと心配ばかりの人がピンチを招くのです。心配しすぎの

 

 

  人は人間関係においても問題を起こさないように逃げ続けます。逃げれば逃げるほどうまくいかなく

 

 

  なります。話すのを上手になってみよう、少し大きな声であいさつしてみようと挑戦を続けると、

 

 

  安心、安全な状態になります。今、ゼロを起点に右に+1,2,3、左に-1、-2、-3と

 

 

 します。チャレンジはプラス1ですが、-1も考えておくことです。試合に出れば勝ち、負けは

 

 

 ありますし、努力が必ず報われるものではありませんから、プラス1からマイナス1の幅が

 

 

 必要です。しかしチャレンジを続けるならば-1以下はありませんし,プラス2,3になる

 

 

 可能性はあるのです。 夏休みは前向きな小さなチャレンジをしてみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

抜ける

2019/07/20

 手抜きは手が抜けることで、間抜きは間が抜けることです。手が抜けるは上手くいかないことで、

 

 

 間が抜けるは満足していない、充たされていないことです。不満もありますし悩みもあるかも

 

 

 しれません。逆に手入れの「手を入れる」は、自分に手を入れて練習する、上達するとなります。

 

 

 「力を抜いて立ちましょう」と言われて、ちゃんと立ったつもりでも「力を抜け」と注意されたり、

 

 

 「真っすぐに立て」と注意されたりします。今、横軸に10まで線を引いた時、①力を抜いてます

 

 

 ②力が入っていますの二つを足したものが10とします。「力を抜け」と言われて、0から9まで

 

 

 ①とすれば②はのこり1となりますし、「まっすぐ立て」と言われて①を1までとすれば 

 

 

 ②は残り9となります。ポイントは自分の帯です。「よく聞いてやりましょう」と言われて、

 

 

 「よく聞く」と「やる」の比率が自分の中で分かっていることが充実していることになります。

 

 

  生真面目な人は①が100%になりますから、②を注意されると頭に来るのです。手を入れるは

 

 

 全部わかってどういう配分で動かすのかとなります。「右手の事だけ考えろ」と言われて右手

 

 

 だけで竹刀を振れば怒られます。左手も足も全部わかって、配分=加減を考えてほしいのです。

 

 

 何を加え何を減らすのかを分かるのは自分だけです。「僕の事を分かってくれない」というより、

 

 

  自分がどんな状態なのか、配分=加減を考えてほしいのです。暑くなると帯の中身は増えます。

 

 

 不満や悩みもわかってくると何とかなるものです。

 

 

 

 

依存

2019/07/12

止めようと思ったらいつでも止められると必ず100%思っていて、最初から最後まで思っている人が

 

 

依存です。「なかなかやめられない、やめるのはむつかしい」と思っている人は離れられるかもしれ

 

 

 ません。今回の依存の問題はそれではありません。人としての要素には色々なものがあります。暖かさ

 

 

 と冷たさ、貫くと諦める、他の人と調和すると他の人と離れる、知ろうとすると知ろうとしない、

 

 

 応援すると応援される、一歩踏み出すと一歩退く、甘えると厳しくする、などなど。その一つの

 

 

 ものにばかりにこだわるのが依存とすれば、それは無い方がよいでしょう。あるものばかりに

 

 

 偏ると他の部分が痛みますし衰えるのです。使わない部屋が傷むのと同じです。これが僕には

 

 

 大事なんだではなくぐるっとどれも使ってほしいのです。どれもが手入れして、使っていて、

 

 

 いつでも使える、くるりと全部使うのを調和と言います。自分にはいろいろな面があるから

 

 

 満遍なく使う、得意技に依存するといけないので、使わない技も練習する。満遍なくは整えるです。

 

 

 磨くばかり、伸ばすばかりに目が行くと傷むのを忘れてしまいます。強くなろうと思えば弱さを出す

 

 

 ことです。弱みを見せられない人は強くなれません。

 

 

 

2 / 1312345...10...最後 »
一週間体験入学・無料相談会 随時受付中!
一週間体験入学・無料相談会 随時受付中!