全寮制のフリースクール玄海は、子どもの自立心を養いながら、勉学に励み成長していくフリースクールです。

フリースクール玄海ニュース

 »  フリースクール玄海ニュース

三月の詩

2016/03/01

山ねむる 山のふもとに 海ねむる かなしき春の 国を旅ゆく    若山 牧水

 

あおによし 奈良の都は 咲く花の 薫(にお)うが如く 今盛りなり  小野 老

 

花びらの 山を動かす さくらかな                       酒井 抱一

 

藤の花 今を盛りと 咲きつれど 船いそがれて 見返りもせず     坂本 龍馬

コンテンポラリーえいぶるダンス

2016/02/01

「コンテンポラリー えいぶるダンス vol.6]

 

(日時)2016  3.13(sun)  14:30 開場 15:00 開演

 

(場所) 福岡市早良市民センター (料金)前売り2500円 当日3000円

 

出演 こどもバレームーブメント だきしめ保育園 パパダンス フリースクール玄海

 

ひたコミュニティーダンス ワレワレワークス その他

 

音楽 飯野千春(トランペット) 大城克月(クラリネット) 特別出演 絵本作家 Sava

 

照明 音響 アクトワン  振付 構成 マニシア

 

老若男女の体が集まる それぞれの表現が集まる みんなの笑顔が集まる

 

コンテンポラリダンスの世界へ

 

2月の詩

2016/01/31

あはゆきの つもるつもりや 砂の上       久保田万太郎

 

白魚や さながらうごく 水の色          来山

 

山ふかみ 春ともしらぬ 松の戸に 絶だえかかる 雪の玉水 式子内親王

 

流氷に 乗りて旅する キタキツネ そを追いかくる 銀の日輪 梅内美奈子

OISCA研修での体験

2016/01/25

 

「オイスカ研修での体験」・・・・通塾生A

 

私は今回の研修に参加させていただくまでは、正直なところ

 

「外国の方ばかりいる中で研修は不安だ」とばかり思っていました。

 

でも参加してみると初日などは慣れない面もありましたが、皆さん日本語も

 

とても上手でコミュニケーションは難なくとれるし、何より皆さん優しくて不安だった

 

面は全く苦になりませんでした。

 

私が研修中に体調を崩してしまった時も同じ部屋を使わせていただいていた

 

アルネルさんは寝込んでいる私を気付かって食事を部屋まで持って来てくださったり

 

効く薬があるか分からないけどと言って薬を出してくれたり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

その他にもルシさんなどもすれ違う度に「元気ですか?」と聞いてきたり、食事の時には

 

「いっぱい食べて元気出して下さい」などと声をかけていただいたり、もちろん他の人も

 

心配して下さっていましたが、人の優しさや温かさに触れた五日間になりました。

 

毎日の作業でも多くの事を学びました。

 

今回の研修では初めての連続で驚きばかりでした。例えば、鳥の飼育を間近で見て

 

体験した時はもちろん初めての事ですし、鳥がトウモロコシを食べる事やどのように

 

卵をパックに詰めて出荷するのかなど様々な事を知る事ができて少し感動しました。

 

でも初めて見た鳥の死体には正直かなり驚いてしまいました。

 

その他にも里芋の出荷方法、パセリや春菊の収穫の仕方や選別の仕方

 

ハウスをどのように作っているのかなど知る事ができたり、それに少しでも携わる事

 

が出来たのは本当に貴重な経験だったと思います。

 

それとここOISCAで今年初めて積雪を見ました。しかも積もったその日の朝は皆で

 

雪遊びをして写真もいっぱい撮って良い思い出になったし楽しかったです。

 

こんな充実した日々を本当にありがとうございました。

18歳 オトナですか

2016/01/04

本日の西日本新聞の朝刊社会面「18歳 オトナですか」シリーズに、亜夢露君の記事が

 

載っています。きまじめな彼らしい文章になっています。

 

一月の言葉は「夢」です。古代から、夢は神のお告げ、将来を暗示するものと

 

信じられていました。心の底から信じた夢はかなうのかもしれません。

 

夢のお告げを自分のものにできると信じたなら、将来の夢を実現できる

 

大きな原動力となるでしょう。

1452042137850
 

一月の詩

2016/01/01

白銀(しらがね)も 金(こがね)も玉も なにせむに

勝れる宝子に しかめやも            山上憶良

新しき 年の始めの 初春の

今日降る雪の いや重(しけ)吉事(よごと)  大伴家持

なにごとの おはしますかは しらねども

かたじけなさに 涙こぼるる          詠み人しらず

あさみどり 澄みわたりたる 大空の

広きをおのが 心ともがな           明治天皇

12月の詩

2015/11/30

納豆の 糸引張て 遊びけり     一茶

 

東京が 輝いている クリスマス  茅根知子

 

つくづくと 物のはじまる 炬燵かな  鬼貫

 

大年の 鐘つく僧が ひるがえり 高橋鷹史

2015 さわやかマラソン

2015/11/18

11月29日(日) 午前11時50分スタート(10kmコース)

 

会場 福岡市東区 海の中道海浜公園

 

受付 午前9時~午前10時 (雨天決行)

 

スケジュ-ル 朝9時スクール出発 受付 11時50分スタート

 

午後1時半スクールへ スクールにて昼食 昼食後解散

11月の日程

2015/11/02

 

・11月10日(火)~11月12日(木)2泊3日

 

「一燈園智徳研修会」(京都 山科)

 

・11月29日(日)雨天決行

 

「海の中道さわやかマラソン」 10kmコース

 

会場 海の中道海浜公園

 

時間 10キロコース  11:50分 スタート

 

 

11月 俳句

2015/11/02

 

おりたちて 今朝の寒さを 驚きぬ 露しとしとと 柿の落葉深く   伊藤 左千夫

 

最上川 逆白波の たつまでに ふぶくゆふべと なりにけるかも  齋藤 茂吉

 

みすづかる 信濃の駒は 鈴蘭の 花咲く牧に 放たれにけり    北原 白秋

 

風吹けば 玉散る萩の 下露に はかなくやどる 野邊の月かな  西行 法師

福岡⇔釜山 だ・デン・Daダンスプロジェクトコミュニティダンス公演

2015/10/19

福岡・釜山の一般市民約100名!年齢・職業・ダンス経験の有無に

 

かかわらず幅広い層の人々が、両都市の振付家や音楽家などアーティスト

 

と共に一つのダンス作品(コミュニティダンス)をつくり10月31日(土)釜山港

 

11月1日(日)に博多港で上演します。

 

日時: 10月31日(土)  18:00 開演

会場: 釜山港国際旅客ターミナル/入場無料

 

日時: 11月1日(日)   18:00 開演

会場: 博多港国際ターミナル(集合場所 3階 ターミナルホール)

入場無料

さわやかマラソン

2015/09/10

11月29日(日)に、2015 福岡県民さわやかマラソンが海の中道海浜公園で開かれます。

 

毎年、スクールは全員10キロ部門に参加しています。コースは2キロ、5キロ、10キロと

 

ありますので、自分に合ったコースを選んで参加を考えて下さい。11月下旬の大会ですから、

 

今から練習しても十分間に合います。是非、父母、兄弟の参加をお待ちしています。

 

例年父母の参加がみられます。申し込み締め切りは10月16日「金)

 

参加料 一般3500円、高校生以下1200円、親子ペア3000円(入園料、保険あり)

 

参加ご希望の方はスクールへお電話を。

 

後期合宿

2015/09/07

日時 9月30日(水)、10月1日「木」、10月2日(金)

 

場所  香々地青少年の家 大分県豊後高田市

 

スケジュール 9月30日(水) 16:30 入所  オリエンテーション 夕べの集い

 

夕食   19:00から21:00   体育館球技   22:00  就寝

 

10月1日(木) 6:30 起床 朝食 9;00~12;00 渓谷トレッキング

 

昼食  13:00 ~17;00 釣り

 

10月2日(金) 9:00~12:00 ウォークラリー  昼食 13:00 退所式

 

 

釜山ダンスワークショップ

2015/09/06

9月14日(月)  8:00 博多港国際ターミナル集合

 

9:30 博多発{ビートル}       12:25 釜山着

 

12:30 昼食   13:30 ワークショップ会場に移動

 

15:30  釜山ダンスグループ(10,11才の女の子)とワークショップ

 

(スピンさんが先生です)終了後、夕食、青少年自然の家に宿泊

 

9月15日(火)    10:00  ワークショップ (スピンさんが先生です)

 

12:00  終了後、昼食、釜山港へ移動  14:00  釜山港でチぇックイン

 

15:00 釜山発      17.55 博多着

内観を終えて

2015/09/02

内観研修が始まる前、夏休みでした。 だから、ケータイがある事、誰かと一緒に

 

いること、おかしや食事を好きな分だけ食べれること、それが普通でした。

 

しかし、内観研修が始まると、当然ケータイはなくて、誰にも連絡はとれなくて、

 

朝のお参りと面接以外は、基本一人で、ご飯も、決められた時間に決められたものを

 

食べるというふうな生活でした。 最初、自分はこ独にたえられませんでした。何度も

 

あきらめかけて、途中、内観に集中できない時期もありました。でも内観研修所長の

 

大山さんが、はげましてくれたり、支えてくれたおかげで、なんとか最後まで、出来ました。

 

内観で気付けた事はまず、当たり前の事は、当たり前ではない事です。家でお腹いっぱい

 

にご飯が食べれる事や、親が洗たくやそうじをしてくれること、習い事や学校に行ける事

 

その他にも、たくさん今まで当たり前と思っていた事は、全然当たり前じゃない事に気付けました

 

相手が、親や家族で、自分はその子供だったから、してくれた事だったんだと、改めて

 

思いました。もう一つ気付けた事は、今まで、して返したと思っていた事は、全くそうではない

 

事です。例えば、運動会のかけっこで1番になると親は喜んでくれました。親が喜んだので

 

して返した事と思っていましたが、親のために走ったんじゃなくて、自分が一番になりたくて

 

走って、一番になったので、結果、相手が喜んでくれたのであって、完全に相手のために

 

して返した事ではないのに途中から気付きました。

 

そう考えると、して返した事なんて何一つなくて、たくさん迷わくや心配かけて、自分の

 

ために色々な事をいっぱいしてもらっているのに、返せてない自分が情けなくて、悔しくて

 

涙が出てきました。他にも友達や先生や彼女にも周りの人みんなに、申し訳なくて

 

しばらく涙が止まりませんでした。

 

内観で、これだけの事をせっかく気付けたから、絶対に忘れず、全てに感謝して

 

その恩を返せるような人間になるために、日々努力、精進します。

 

生きているかぎりは、周りに迷わくをかけているから、恩返しする事は続けます。

 

そしていつか、誰かを支えれる人間になりたいです。

 

(ドラマー 原文のまま)

 

一週間体験入学・無料相談会 随時受付中!
一週間体験入学・無料相談会 随時受付中!