フリースクール玄海の生活BLOG

 »  フリースクール玄海の生活BLOG »  活き

活き

2019/11/01

 活きのいい球を投げるピッチャーとはどんなピッチャーなのでしょう。また逆に活きの良く

 

 ない死に球を投げるとはどういうことなのでしょう。あるピッチャーが持ち球として

 

 ストレート、カーブ、シュート、フォークの4種類を持っているとします。ピッチングは

 

 打者に対する配球をキャッチャーとします。キャッチャーが「どれがいいかな?」と考えて

 

 サインを出します。ピッチャーの得意なストレートではなくカーブを提案したところ、

 

 首を横に振ったのでストレートに変更しました。ピッチャーは最初「イラッ」として

 

 次に「仕方ない」と思ってストレートを投げました。投げた「死に球」は打たれてしまいました。

 

 キャッチャーがストレートのサインを出し,自分もそれが一番と思って投げたら「活き玉」です

 

 から打たれません。頭を下げる時、全世界の人達が持っている「活き玉」があります。

 

 「ありがとうございます」「おねがいします」「すみませんでした」「あいさつ」です。

 

 ボールを投げないとゲームは始まりません。言葉を使うことでゲームが始まります。ポイントは

 

 四つの言葉を物事の始まりに持ってこれるかです。アルバイトに行ったら、まず自分から挨拶 して

 

 仕事のやり方をお願いして聞きます。教えてもらったらお礼を言います。必ず新人は失敗するので

 

 すみませんと謝ります。いつでも迷わず、遅れず、元気よくやる事です。元気よくとは穏やかであり

 

 朗らかなことです。相手が代わったらこれをやらない人がいます。野球部員が野球部顧問の先生の

 

 社会科は元気よく挨拶するのに、他の教科の先生は無視するようなことです。年下相手でも同じです。

 

 シンプルに毎日の生活に向かい合うとき、素軽く爽やかさや潔さをもっておくことです。

 

 

 

 

 

web拍手 by FC2

コメントは受け付けていません。