フリースクール玄海の生活BLOG

 »  フリースクール玄海の生活BLOG »  忠恕

忠恕

2019/08/16

子曰く、「わが道は一以てこれを貫く。夫子の道は忠恕のみ」

 

 

忠恕の「忠」は他人に対して真心をもって奉仕することで、

 

 

「恕」は他人を親身に思いやって考えることです。

 

 

孔子の道の「仁」を、自分の良心に顧みて恥ずかしいことをしない。

 

 

他人のことを思いやって、他人の身になって考える。

 

 

この二つの面を持ったのが「仁」ととらえたのです。

 

 

「己の欲せざるところ、人の施すなかれ」

 

 

この意味は、自分がしてほしくないことは、人にしてはいけないです。

 

 

さらに進んで「おのれの欲するところを、人に施すことためらうなかれ」

 

 

人からされて嬉しかったこと、ありがたかったことを、相手にも積極的に

 

 

するということです。

 

 

好きな言葉ですが、なかなか実践は難しいです。  紅の豚

web拍手 by FC2

コメントは受け付けていません。