フリースクール玄海の生活BLOG

 »  フリースクール玄海の生活BLOG »  お盆

お盆

2019/08/09

 もともと仏教には、先祖の霊も、またそれが返って来るというような観念はなかった。

 

 人は死後も霊魂となってこの世にとどまり、家族のもとへ帰ってくるという一種の

 

 祖霊信仰は、おそらく、日本に昔からあった死後の魂についての素朴な信仰と大陸から

 

 伝わった儒教的な祖先の魂の観念が複合され、仏教との習合を引き起こしたのだろう。

 

 死んでも魂は身近にとどまって遠くへは行かないというのは,日本人の根源的な宗教観の

 

 ようなものである。魂を祖霊と同一視する傾向にあるから、魂という観念は、家の観念と

 

 深く重なっている。魂が幽界から一時帰宅するお盆に祖霊に手を合わせることで、

 

 少しは厳粛な気持ちになり、多少は普段の自分を反省することになるのだろう。

 

 西洋には絶対神があり、現世での道徳や規律や義務はそこからきている。そのようなものが

 

 ない日本が、死生観も祖霊の観念も、そして家の観念も見失った今の日本が 道徳や規律を

 

 失っていくのも無理はない気がする。

 

 

 

 

web拍手 by FC2

コメントは受け付けていません。