フリースクール玄海の生活BLOG

 »  フリースクール玄海の生活BLOG »  見出し=意固地

見出し=意固地

2019/06/17

 ゴルフの練習場で球がどうしても右に飛んでいく人に、レッスンプロが左に向かって打つように

 

 

 アドバイスすると、球は見事にまっすぐ飛び始めました、しかしその人は納得できません。なぜなら

 

 

 「自分はまっすぐに打ちたいのに左に打ったから」と、結果オーライとはいかないのです。見出しの

 

 

 いい言葉があります。「勉強しています」「一生懸命走っています」など最初のタイトルは間違って

 

 

 いませんが、勉強しても成績が伸びない時は、望みに近い結果が出る考え方を探ることです。一番

 

 

 やってはいけないのは「見出し=意固地』にとらわれることす。やさしい、強いなど正しいタイトルに

 

 

 はまることです。「まっすぐ打ちたいと思っている自分は正しい」を変えて自由に考えてみること、

 

 

 見出しを動かしてみることりが上手になりうまくなる秘訣です。失敗の数が増えれば天井が高くなります。

 

 

 失敗の種類が増えれば幅が広がります。意固地で頑固で融通の利かない真面目で正しい人は、自分を

 

 

 曲げませんし他人の話に耳を傾けません。。一生懸命走って結果が良くないなら勉強して成績が伸びない

 

 

 なら、思い切って練習方法を変えてみるのです。学習方法を考えてみることです。「まっすぐ打つ」を

 

 

 「左に打つ」に行動を見てわかるように変えることです。工夫することです。自由に考えることです、

 

 

 頭を使うことです。    あなたも見出しにとらわれていませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

web拍手 by FC2

コメントは受け付けていません。