フリースクール玄海の生活BLOG

 »  フリースクール玄海の生活BLOG »  六月の詩

六月の詩

2019/05/30

 不来方の お城の草に 寝ころびて 空に吸われし 十五の心  石川 啄木

 

 晴れし空 仰げばいつも 口ぶえを 吹きたくなりて 吹きてあそびき

                              石川 啄木

 草わかば 色鉛筆の 赤き粉の ちるがいとしく 寝て削るなり

                              北原 白秋

 空はただ 青色絵の具で ぬりつぶし 夏はすぐそこ 美術の時間

 

 

web拍手 by FC2

コメントは受け付けていません。