フリースクール玄海の生活BLOG

 »  フリースクール玄海の生活BLOG »  二月の詩

二月の詩

2019/01/31

 アルミ缶の ふたを開ければ あふれくる 春の小川の やうなる音が  真鍋正男

 

 如月の 牡蠣打ち割れば 定型を 持たざるものの 肉やわらかき    道浦母都子

 

 春の雪 あわゆき こなゆき ぼたん雪 如何につたへむ 美(は)しき日本語 秋山佐和子

 

 デパートに われは迷ひぬ 三匹の 金魚のための 沙(すな)を買わむとして 小池光

web拍手 by FC2

コメントは受け付けていません。