全寮制のフリースクール玄海は、子どもの自立心を養いながら、勉学に励み成長していくフリースクールです。

フリースクール玄海
NPO法人 塩浜学園
フリースクール玄海
  • 〒811-3116
  • 福岡県古賀市庄66-1
  • TEL:092-710-8517
  • FAX:092-710-8518
facebookページ
生徒の言葉
鹿島祐徳ロードレース大会

2011/03/31

2月27日、日曜日に、鹿島祐徳ロードレースがありました。大会一ヶ月前ぐらいから練習があり、坂道ダッシュ、さわやかロード折り返し、雁ノ巣一周、正確に測っての10キロを走ったりしました。どれもすごくきつくて、走る練習をした日の夜は、K君や、A君と一緒に、
「今日も足パンパンや」とか、
「もうムーリー」とか、愚痴ってました。
 そして、練習を続けて、とうとう当日になり、その朝はあまり緊張していなかったけど、車で行って会場に近づくにつれ、すごく緊張してきました。車の中では、最初は、お菓子を食べていたけど、途中から寝て、到着10分ぐらい前に起きて、緊張しまくりでした。
 10キロのスタート前、S先生に、
「玄海ファイトーって言ったら、オーと言えよ。これは玄海の伝統なんだから」と言っていました。そして、スタート2分前、S先生が、
「スタート2分前の顔」とか笑いながら写真を撮っていました。そこで少し緊張がほぐれ、1分前、
「玄海ファイトー」
「オー!」というわけもなく、
「玄海ファイトー」とS先生が言って、僕たちは小声で、「オー」と言いながら笑いました。
 そしてスタート、最初は飛ばしすぎて、すぐ疲れました。でもぼくの頑張りもむなしく、4キロ地点ぐらいで折り返してきた、先頭集団とすれ違い、ぼくの気分はすごくDOWNしましたが、なんとか5キロ地点を21分2秒で折り返し、最後まで走りました。最後の2キロはきつかったです。それと、横で応援をしてくれる人たちが、
「小学生?」とか、
「ちっちゃい子ががんばるねー」など言われて、きつかったけど、一人一人に頭をさげて、
「ありがとうございます」と言ったり、同じ年齢ぐらいの人達から、
「がんばれー」と、言われたら、ガッツポーズをしたりして、走り以外にも体力を使っていました。
 走り終わったタイムは、43分58秒で、すごい達成感があって嬉しかったです。前よりタイムを縮めて完走できたのは、横で応援してくれたおばさんや子供などと、帰りを待ってくれていたみんなのおかげという、きれいごとを言いたいところですが、やっぱりぼくの足が速いからでしょうかね。

母からの手紙

2011/03/31

Tへ
 
 あなたが玄海に入って、もう9ヶ月がたとうとしています。もうずいぶんとそちらの生活に慣れて、他の生徒さんたちと楽しく毎日を過ごしているのだろうと思います。

 あなたが高校に行かなくなり、とうとう高校を辞めると言い出した時は、「中学校では積極的にクラス委員長や生徒会長をしていたのに、どうしたんだろうな。」と思いました。

 高校を辞めて、とりあえず、高卒認定を取るための勉強を始めて、試験に合格して、高校卒業の資格を取ったあなたは、とくに何をするでもなく、生活リズムをこわして、毎日ダラダラと過ごしていましたね。

 そんなあなたを見ていると、あなたの将来のことがとても心配になりました。あなたは自分のことを多く語らなかったから、正直3兄弟の中で一番心配でした。

 それからいろいろあって、あなたは玄海に入ることになりました。3兄弟がバラバラになると知ったときは、とても悲しんでいましたね。

 玄海に入ってすぐのころは、こわれた生活リズムを直すことや、あまり運動をしていなかったようだったので、朝のランニングなどが、大変だったのではないでしょうか。他の生徒さんたちとうまく行かなくて、悩んだりしたのではないでしょうか。

 今までの、そしてこれからの玄海の生活を通して、あなたが今出来ること、やりたい事を少しでも見つけて、それに向かって頑張れるように、残りの3ヶ月を大切にして欲しいです。

※母の気持ちを考え、母が自分宛てに手紙を書いたら、こういう風に書くんじゃないかと生徒が考えた作文です

スノーボード旅行

2010/02/11

僕は初めてのスノーボードで、はっきり言って上手に滑れるか、ちゃんと基本ができるかなど、いろんな不安を持っていました。だけど、初めて滑り方などを教えてもらい、実際に滑ってみたときは、こけてばっかりで痛かったけど、滑っていくうちに、ブレーキもできるようになり、左右に移動もできるようになり、とても楽しく2日間過ごせました。筋肉痛にもなってしまったけど、良い経験ができてよかったと思います。バスの中では、お菓子を食べたりポン吉君や、DOM君や他の人と話も出来て、DOM君の肩を借りて寝たりと、とてもぐっすり眠ることができました。ポン吉君は、最初はとても怖がっていて、立つことすらできなかったみたいだけど、2日目に、ちゃんと立ち上がり、リフトにも乗って、初級コースをこけながら、怖がりながらも時間をかけても滑っていたポン吉君がすごいと思いました。
 最初、ブレーキなんか全くできなかったけど、滑っていくうちに、できるようになり、「やったー」という、達成感がありました。まだ初心者で、S字は無理だったけど、それらしきものができたときは「え、まじで?」という、ちょっとびびったけど、それはもう最終日の帰る直前だったから、「もうちょっと早く、S字の練習をしておけばよかったかな」と、後悔もあったけど楽しかったです。
 1日目は雪がすごくて、目に入って思うようにいかなかったけど、2日目は午前中ぐらいには止み、快調に滑れたので良かったです。初級、中級、上級となんとかクリアして、怖かったけどとても楽しかったです。T君のお父さんには、とても迷惑をかけてしまったかもしれないけど「上手になったねと」ほめてもらい、とてもうれしかったです。ありがとうございました。
GT-R

※個人名はブログ「フリースクール玄海の生活」の名前を使用しています

一週間体験入学・無料相談会 随時受付中!