全寮制のフリースクール玄海は、子どもの自立心を養いながら、勉学に励み成長していくフリースクールです。

フリースクール玄海
NPO法人 塩浜学園
フリースクール玄海
  • 〒811-3116
  • 福岡県古賀市庄66-1
  • TEL:092-710-8517
  • FAX:092-710-8518
facebookページ
生徒の言葉
玄海での一年間  チャイルド プレイ

玄海に最初に来た時、チャーリー先生に「体験で1週間ここに入れ」

 

と言われ,頭が真っ白になって反射的に「いや、いいです」と言っ

 

たのを覚えています。そして親が荷物を送っていたので裏切られた

 

ような気持になりました。結局1週間後、玄海に入れさせられ

 

「これから一年間、玄海で暮らすのがイヤ」という気持ちでいっぱいでした。

 

ここに入って最初にあった行事は沢登りでした。次の行事はトライアスロンの

 

応援でした。この時のトライアスロンはジャッキーさんの最後の行事だったので

 

ジャッキーさんは最後までやりきっていてすごいなと思いました。

 

他にも色々な行事があって次々と終わっていきました。

 

一燈園では、僕が迷子になり他団体の研修生や一燈園の人や

 

グリゴリ先生などの色々な人に迷惑をかけてしまいました。

 

後、祐徳ハーフマラソンでは、玄海の生徒や先生みんなが完走しましたね。

 

特に、当日まだ入って1ヶ月しか経ってないウグイス君も走りきって

 

いたのですごいなと思いました。れらの行事や玄海の生活で、色々な人を知り、

 

色々な事を学ばせてもらいました。して、玄海の人達がいてくれたおかげで、

 

このきつかったことや苦しかったことをのりこえられたと思います。

 

例えば、韓国のダンスで成功させれたのも、祐徳マラソンでみんな

 

完走できたのも、BOOK君がみんなを引っ張ってきてくれたおかげです。

 

プロレス大会がうまくいったのは、ピカミクさんがみんなの練習を

 

いつもみてアドバイスをくれたおかげです。

 

他にも、ボクシングのスパーリングの練習の時、熱中症になって

 

ボクシング部員のみんながグレゴリ先生を呼んで来てくれたりしました。

 

だから、この1年間の玄海生活では本当にみんなにお世話になりました。

 

また、最初は親に思っていた裏切られた気持ちも、今は感謝しています。

一燈園智徳研修会

僕は一燈園研修に行く時の車の中で去年も研修に参加した人に、

 

「二日目の行願は二十件くらいまわってもさせてもらえなくて、心が折れそうになるよ」

 

と言われ、「どんだけ断られても心が折れることは無いだろう」と思っていました。

 

二日目になって行願を行う場所につくと、緊張してドアホンを押すのにためらってしまいました。思いきって

 

押してみて「一燈園から来た者ですけど、お便所掃除をさせていただけませんか」と言うと、

 

「よろしくお願いします」と返事が来たのでとてもうれしかったです。二軒目も掃除をさせてもらい、

 

「意外と簡単じゃん」と思っていたら、三軒目で即答で「興味ないんで」と言われたので辛かったです。

 

途中で社会人の人と会い先生の助言で一緒にまわることになりました。 話を聞くと、「二十件以上

 

ことわられた」と言っていたので、「あれを二十回やられたら心が折れそうだな」と思いました。

 

三日目の路頭では、一軒目の毘沙門堂で働かせてもらって、そこでえなり君たちとあいました。

 

掃除が終わってあいさつをしたらお礼にお菓子をもらいました。二軒目のちりめんじゃこ屋でも

 

草むしりなどをさせてもらいました。仕事が終わって帰ろうとしていたら、お昼をだしてくれました。

 

仕事をした後のごはんは、とてもおいしかったです。

 

村田先生のお話は、中学生には難しかったです。相先生のお話は、[教わるんじゃない、学ぶものだ]という

 

話に[なるほどな]と思いました。西田先生の[人間の命とゴキブリの命はどちらが尊いか]という話は

 

、「ゴキブリからしたらゴキブリの命が一番尊いと思うんだな」と思いました。三日間を通してありがとうという

 

言葉の大事さを学ぶことができました。ありがとうございました。   合掌              in the house

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修了を迎えて

一年前、自分は学校にほとんど行ってなかったから、無理やりココに連れてこられました。

 

最初は驚きで頭の中が混乱してました。人みしりだったので、ほとんどの時間ひとりでした。

 

でも、お世話係だった大将が気さくに話しかけてくれたり、玄海の先生が解からない事が

 

あったら教えてくれました。隣の部屋で一週間先輩の「わ」もよく喋ってくれました。

 

その時のリーダーの「コウキ君」は、玄海の雰囲気に慣れさせてくれました。落ち込んだ時は

 

「しゅん君」が笑わしてくれました。そのお陰でなんとなく過ごしていたのが「楽しもう」という

 

気持ちになりました。それからの日々は、楽しみながら一生懸命頑張りました。

 

でも楽じゃなかったです。肉体的にも精神的にも辛い事、キツい事はたくさんありました。

 

でもそんな事があったからこそ、今の自分があると思います。

 

だから、頑張って本当に良かったです。こうやって頑張ってこれたのも、今頑張れている

 

のも、周りの色んな人達のおかげだなぁとつくづく思います。

 

まず、親に感謝です。不登校だった自分を、変わらず受け入れてくれて、思い切って

 

ココに連れて来てくれました。家族も一緒です。いっぱい心配や迷惑をかけてきました。

 

先生方は、いつもご飯を作ったりしてお世話してくれたり、自分が悩んだり迷ったりしたら

 

アドバイスをくれて、間違った時は、叱ってくれました。

 

こんな自分に、真剣になって、本気でぶつかってくれました。寮の仲間とは、競いあったり

 

支え合ったりしました。そして、彼女はいつも応援してくれました。

 

ココで一年間、色んな事をして、色んな事があって過ごして、入寮前と何か変われたんじゃ

 

ないかなぁと思います。それもやっぱり周りの人達のおかげです。

 

本当にありがとうございます。これからも上を目指します。

海の中道トライアスロンフェスタを終えて

僕は7月に玄海に入学し、すぐに水泳部にはいりました。水泳部に入ると、

 

すぐに9月に行われる福岡トライアスロンフェスタに出る事が決まり、練習が始まりました。

 

出場が決まった時は、完走できるか不安でした。練習が始まると毎日キツイ練習が

 

続きしんどかったけど、チームの仲間も頑張っていたので自分も負けずに頑張り続けました。

 

すると少しずつだけど自分に自信が付き始めました。後は、大会までに自分がやれる事を

 

やるだけです。 大会当日になると、今までとは違う緊張感がありました。そして大会が始まると

 

気合が入り、自分の順番を待ちました。しかし、中々仲間が来ず繰り上げスタートになるかと

 

思った時に、仲間が来てギリギリ僕にタスキが届きました。僕はこのとき、仲間が頑張って

 

タスキをつなげてくれたので、何が何でも完走しようと思いました。そして自分が苦手なバイクも

 

全力でこぎ続け、ランも頑張って走り、最後は三人みんなでゴールしました。チームの目標だった

 

完走が達成出来てとても嬉しかったです。完走できたのはチームの仲間が日頃の練習を頑張っていた

 

からだと思います。

 

そして今考えると、最初はイヤだった練習を頑張っていて良かったなと思います。最後に、トライアスロンの

 

応援をしてくれた、親や先生、玄海のメンバーに感謝したいです。これからもきついことがあっても

 

頑張っていきたいです。       9月28日 琴奨菊                   (原文のまま)

 

 

 

 

冬休みに向けて

僕が玄海にきて、もう8ヶ月が経ちます。

卒業するまであと3カ月です。本当に玄海にいると、「あっ」という間に

月日が流れていく感じがします。でも、玄海に来たことは少しは良かったと思います。

理由は二つあって、一つは玄海のみんなに会って友達になれたことです。

二つ目は、今まで自分には縁がまったくないと思っていた事がたくさんできたところです。

とくにプロレスやボクシングなど、誰かと一対一でやるスポーツなどは、やったことが無かったし、

やりたくありませんでした。痛そうだし、すごくきつそうだし、でも、実際にやってみると、

全然面白くないわけではないし、最近になって「少しは楽しいかなぁー」と思い始めました。

だから玄海に来て良かったと思います。

2学期は、色々とイベントがあったけど、一番自分の中で頑張ったことは、10キロ走です。

今まで一度も10キロという距離を走ったことが無かったので、最初はすごく不安でした。

本番まで結局不安なままでスタートしました。すると大雨という最悪な天気。

全然目は開けられないし、息はしにくいし、でも走っている内に段々と落ち着いてきて、

自分のペースを掴んで、なんとかゴールする事が出来ました。本当にうれしかったです。

でも、次はその倍の20キロを走らないといけないので、頑張りたいと思います。

冬休みは、ダラダラとせず少しは勉強や運動などもしていきたいです。

フリースクール玄海 エース (中三)

一燈園知徳研修会を終えて 平成26年10月12日

今回、僕は一燈園に行きましたが、実は一燈園に行くのは二回目になりました。

なので、今回も一燈園に行くと決まった時、前回できなかったことを、今回は

出来るようにしようと思いました。前回は行願はご縁があり出来たものの、

路頭は何十軒回っても、残念ながらご縁がなく出来なかったからです。

なので、今回の一燈園では前回よりも気合を入れて、参加させていただきました。

そして一燈園生活が始まり、僕が一番きついと感じたのことは、朝五時半に起床する事でした。

朝、こんなに早く起床することはないので、普段の生活で慣れてないことやるのは

きついと感じました。しかし、最終日になると、朝も気持ち良く起きることができました。

僕は一燈園生活を終えて、心に残ったことが三つあります。まず一つ目は行願です。

一軒目でご縁があり、トイレ掃除をさせていただいたからです。一軒目で許可を

いただいたときはとてもビックリしました。なぜなら、前回は何十軒も回ってやっと

ご縁があったのに、一軒目であったからです。

二つ目は路頭です。前回はご縁がありませんでしたが、今回は三軒もご縁がありました。

三つ目は食事です。今までは、あまりご飯に対して考えたことがありませんでした。

しかし、一燈園に来て、ご飯の大切さを思わされました。僕はこの三つが心に残っています。

一燈園生活も終った今、これからの生活でも、一燈園で学んだことを活かしていけたらと

思っています。

このたびは、色々と学ばしていただきありがとうございました。このような体験は、

これからの人生で、なかなかできない事ばかりやらさせていただきました。

本当に、二泊三日という短い時間でしたが、ありがとうございました。

合掌         sasuke

海の中道トライアスロンフェスタ 平成26年10月12日

トライアスロンと聞いて、「えー 嘘だろ 」とおもいました。僕が体験の時、

先輩方がとてもきつそうにしていて、あれをすると思うと、本音はとても嫌でした。

本番もきつかったのですが、練習もきつかったです。練習は全般的にきつくて、

その中でもランがきつかったです。けれど楽しい一面もありました。例えばランの時、

競り合ったりしました。

大会でのスイムは、とてもプールの水が予想以上に冷たく、思うように手足が動かず

しんどかったです。その次のバイクは、向い風で上り坂でとてもきつかったけれど、

帰りがとても楽で、追い風で下り坂だったからです。けれども、四回も往復したのでとても

しんどかったです。その次のランは地獄でした。三回も往復して、二回目ぐらいから

足が動かずヘトヘトでした。

みんなが完走して僕一人になりました、けれど最後帰ってくるときに、ピカムク君と

サスケ君と僕と三人で、テープを切れて良かったと思いました。

僕は完走した後、泣いてしまいました。僕は親の前で泣くところを

見せたくありませんでした。なぜか、涙が止まらず、親や先生、スクールの生徒から

「よく頑張った、泣くなよー」と言われ、本当に良い経験になりました。

ピカミク君とサスケ君には本当に感謝しています。練習の時も一緒にしてくれたりして

本当にありがとうございました。

親はわざわざ来てくれて、本当にありがとう。最後の最後で泣くところを見せてしまい

本当にごめんなさい。こんどこそ泣くところを見せずに頑張ろうと思います。

ジャッキー

ボクシングスパーリング大会を終えて

練習できつかったのは、階段ダッシュでした。西戸崎にある神社の階段を走るのがきつかったです。

ほかにも坂道ダッシュや雨天の時の室内練習もあったけど、神社の階段ダッシュが一番きつかったです。

練習で頑張ったことは、銀者の階段ダッシュで2分15秒を切るように走ったことでした。

時々、2分15秒を切れないこともあったけど、なるべく切れるように頑張りました。

スパーリング本番では、緊張してあまりパンチが出せなくて、思いどうりに試合ができなくて

すごく悔しかったです。

たくさんやられて、負けてしまったけど、試合後はちょっと気持ちがスッキリして達成感がありました。

次のスパーリング大会のときまでに、もっと上手なって。次は思いどうりになるような試合をしていきたいです。

エース

夏休みに向けて

一学期入ってきてすぐの頃は、全然意味がわからなくて、「こんなところいやだな~」と思いました。

でも、段々日が経って、玄海に慣れてきたら、あまり嫌いじゃなくなって、少し楽しくなってきました。

生活面では、普段やったことのない洗濯をやって、出来るようになったので良かったです、

学習面では毎週色んな授業があって、中でも一番すごいと思ったのがプロレスで、あまり見たことがなくて、

すごく痛そうなイメージがあって、最初は「やりたくないなー」と思っていたけど、やってみたら少し楽しかったので

これからもがんばっていきたいです。

運動では、毎朝のランニングや坂道ダッシュ、夜はボクシングと少しハードだけれど、あと少しで坂道ダッシュが終わるので

頑張っていきたいです。

夏休みの生活面では、なるべく家事の手伝いなどやっていきたいです。

学習面では、苦手な数学や英語などを中心に頑張ってゆきたいです。

運動面では、毎日ランニングや縄跳び、運動は度を頑張ってゆきたいです。
夏休みはあまりダラダラせず、なるべく外に出かけたり、体を動かしたりして、

充実した夏休みを過ごせるようにしてゆきたいです。

エース

オイスカ研修を終えて

私は、オイスカについてあまり知らず、農業や、土を扱うことはあまり好きではなく、乗り気ではありませんでした。戸外で暑い中、虫が沢山いる中で作業するのは。とても考えられませんでした。そしてオイスカ研修が始まりました。最初に行ったのはニンジンの収穫でした。畑に生えたニンジンの葉っぱをひきぬくと、大きなニンジンや小さなニンジンが取れるのは、やっていてとても楽しかったです。その後はラッカセイの草取りでした。草取りは苦手でてこずりながら何とか終わりました、次の日は朝から出荷準備をしました。収穫した野菜を仕分けし、計量して袋に詰め、値段を張る作業をしました。ピーマンやししとう、えんどうやゴーヤ、キュウリなど色々な野菜がありました。午後には鶏小屋で卵の回収やパック詰めをしました。卵を回収していると、後ろで「コトッ」という音がして、後ろを振り返ってみると、そこには産みたての卵がありました。その卵をもってみるととても温かだったです。他には佐賀県のミカン畑まで行って、ミカンの実をジャマにならないようにとることを一日中行いました。オイスカのご飯はとてもおいしかったです。そしてとても楽しくて良い経験になりました。   lize

西海トライアスロン大会を終えて

水泳部のイベントでトライアスロンに出場しました。今回は長崎県の西海トライアスロン大会でした。

大会に向けての練習は、スイム、バイク、ランの3種目を組み替えて毎日やってきました。

スイムの練習では海にクラゲが沢山いました。バイクで足がパンパンになるまでして、

その後ランで5キロ、10キロと走るのでとてもきつかったです。、

本番1週間前に本番と同じ内容の練習をしました。その日はスイムも終わり
バイクも後半になった時、あいにくの雨でランは中止となりました。スイムとバイクを

しただけなのにこんなにきついのに、最後のランを走りきれるのか心配でした。
レース当日はあまり緊張しませんでした。この日のために3カ月近く

精一杯取り組んで練習してきたんだから、精一杯本気で取り組んでゆこうと

いう気持しかありませんでした。自分は玄海の中ではトップでゴールしました。
5人全員ゴールするとヘトヘトになっていました。

みんなも練習の成果を出し切って完走したという感じでした。大会の印象は

バイクではとてつもなく急斜面の坂道を上ったことです。
最後に、こんな風に完走した話が書けるのも、応援してくれたお母さんや

おばあちゃん、玄海のみんなや先生がいたからこそです。

本当にありがとうございしました。
fire

オイスカ研修を終へて  ボクシンブール

2013/07/20

研修を終えての感想は、ざっくりまとめると、とても充実感、達成感を得られました。
しかし、それに伴い疲労感もあります。
私は今まで農業に関しては、全く興味がありませんでした。
そのせいなのか、平気でご飯残して何食わぬ顔で捨てていました。でも、実際に汗を流して農作業をすると不思議とご飯を残さなくなりました。
なぜなら、農作業の大変さを身に染みて感じたからです。だからオイスカでの食事は一度も残してません。
それは、美味しかったからと言うもう一つの理由もあるからかもしれません。
オイスカでの研修を通して農業について興味が湧きました。
オイスカでの研修では色々な体験をさせていただきました。
1つは、朝5時半から収穫しにいきました。
収穫している最中にモスキートを10匹以上殺しました
この記録は過去最高です。
そしてしばらくすると、朝日が昇ってきました。
こんなに気持ちの良い日の出は初日の出ぐらいです。
なんとも言えない心地よい朝日を浴びながらの収穫は別格でした。
2つ目は販売準備です。
普段スーパーなどでよく見る野菜はこのように包装しているんだと勉強になりました。
一見、単純そうに見えたこの作業は意外と地道で大変でした。
3つ目は農園管理です。
最初は何が何だか解らなかったのですが、先生や研修生達が優しく教えてくれたので助かりました。
途中でつまみ食いをしたトマトは今までで一番美味しかったです。
疲れてる体に染み込んでいく水分はなんとも言えない甘酸っぱさがもうたまりませんでした。
他には、トウモロコシ、スイカ、メロン等色々つまみ食いをさせていただきました。ご馳走様です。
中でも気に入ったトマトはいくつもつまみ食いをしました。
他にも様々な体験をさせていただき、とても貴重な体験が出来ました。
寝食を共にした研修生達とは深い関係を築くことが出来ました。みなさん優しく接してくれてとても嬉しかったです。
オイスカでの貴重な体験はとても自分の為になりました
5日間という短い時間でしたがとても楽しく、充実した日々になりました。
本当にありがとうございました。

一年間を振り返って   cloud

2012/10/14

フリースクール玄海に丁度一年前位に来て、最初はお父さんに「福岡の学校を見学に行くぞ」と言われて、「どうせ見に行ったって俺は行かないのに」と心で思っていました
しばらくして一週間体験という事になって、正直行こうか行かないか迷いました。その時はもちろん嫌でした。
体験が始まって、ランニングが朝にあって、海に着いたらみんなが並んで次々と叫びだしていたので、その時僕は「ここの学校はやばい所なんだな」と気づきました。
ここの生活では今では当たり前なんだと思っています。
食事の時もただ「いただきます」と言うのではなくて食事に対する気持ちを込めてみんな言っていたので「すごい」と思いました。
体験が終わって入ることになって「仕方ない、頑張るか」と思いました。ここでの生活に慣れてきた頃に、一灯園に行くことになって、僕の中では何も知らなくて、ただの京都旅行だと思って喜んでいました。
でも着いて景色を見ても、寺みたいなものばかりで僕のイメージとはちょっと違いました。でも僕はまずは観光なんだなと思っていましたが、しばらくして気付きました「この学校で楽しく旅行なんてない」という事に。
一灯園の修行はきつかったです。今までの生活とは違ったのでその部分でびっくりもしました。今では、良い経験が出来たので良かったと思ってます。でも二度と行きたくはありません。
マラソンでは完走できるかあやしいハーフマラソンに出ることになって、僕は最初から諦めていました。でも本番は完走できたので「諦めなければできる」という事が解りました。そのあとのトライアスロンも「完走できるのか」と思ってたけど、トライアスロンも完走できたので、最初から無理と決め付けるのは良くないと解りました。ここを出てもフリースクールでの生活を無駄にしないように頑張ります。

トライアスロンを振り返って 碇や

2012/10/09

トライアスロンに出るのは初めてで、出場が決まった時はリタイアせずにゴールできるか心配でした。
夏休みが終わって2学期から練習が始まりました。練習を振り返ってみると一番きつかったのが海で泳いでからの走りでした。海では、クラゲみたいな物に刺されました。
また泳いでからの走りは足が疲れてフラフラしました。
トライアスロンの当日はとても緊張しましたが、特にプールの横で第一走者のクラウドを待っている時が一番緊張していました。でもスタートしてプールに入った時には誰よりも早くゴールしようと思いました。
水泳はなるべく足がつかないように頑張りました。しかし2週目のプールから上がる時には息が切れてしまいました。
自転車の1週目は足が慣れていなかったのでとても疲れました。また3週目あたりから何周回ったか解らなくなりかけました。自転車が終わった時はほとんど体力がありませんでした。練習の時より速く走れたのでよかったです。最後の走りは上り坂がとてもきつく疲れました。また水泳と自転車の後だったので足の感覚がほとんどありませんでした。でもゴールまで走る事が出来たので良かったです。自分ひとりでゴールした時は終わって良かったと思いました。みんなとゴールした時はエギュン君も頑張っていたので1週走っていなくても一応みんなでゴールできて良かったです。
トライアスロンを振り返って、3種目連続でやったのは本番が初めてだったのでよくゴールできたなと自分でも思いました1ヶ月間のトライアスロンの練習を頑張ってこれたので生活面でも練習の時のように頑張れると思います。
トライアスロンも玄海に来なければ出ることはなかったので良い経験ができたと思います。

さようなら うちはサスケ

2012/10/06

912日 水曜日 

こんにちは、おひさしぶりですね

夏休みは、塾に行ったり自主学習に自ら集中して取り組むことができました。

フリースクールで学んだことは、人の気持ちがわかるようになることを

課題に日々頑張ってきました。


フリースクールでは、朝のジョギングや一年の行事の爽やかマラソンや祐徳ロードレースや

毎日ボクシングなど、とてもハードな運動に仲間と共に頑張ってきました。

ボクシングでは最初来た時は、とてもきつくて走りなどはさぼってばかりだったけれど

自分の弱音に負けないように変わろうと頑張りました。


フリースクールの授業は国語の授業は世間の様々な事を教わりました。

徳育の授業は、人生どんな工夫をして過ごせばいいのかを教わりました。

毎週金曜にあるプロレスは、人の気持ちが解るようになりました。

英会話は、みんなと楽しく授業を受けて英語の楽しさや大切さを実感しました。

総合の授業では、頭ではなく心の勉強について学びました。

フリースクールで他の学校では体験できない事を学べたと思います。


元の学校に戻って皆に勉強が追いつくように頑張りたいです。


元の学校に戻って嶋田先生の期待を裏切らないようにしたいです。

この一年間フリースクールで努力して学んだことを元の学校で活かしていきたいです。

僕には、小学校の教師になる夢があります。

なぜなら将来の子供達に幅広い授業をして、夢と希望を与えたいからです。

その夢を叶えるために学習面と生活面を育てていきたいと思います。

一年間ありがとうございました。

              うちはサスケ

一週間体験入学・無料相談会 随時受付中!