全寮制のフリースクール玄海は、子どもの自立心を養いながら、勉学に励み成長していくフリースクールです。

フリースクール玄海
NPO法人 塩浜学園
フリースクール玄海
  • 〒811-3116
  • 福岡県古賀市庄66-1
  • TEL:092-710-8517
  • FAX:092-710-8518
facebookページ
学園紹介
代表挨拶
大切な人の痛みは、自分のことのように痛いものです。それに気づける人間になってください。
私たちフリースクール玄海は、全寮制という学校経験を通して生徒一人ひとりが自分の将来を考え、自立させるための教育を行っています。1年間の全寮制生活は彼らに自分自身に対する自信と仲間、そして支えてくれた家族への感謝の気持ちに気づき、結果として早く一人の人間として自立していきます。
私は、発達途上の子どもが自分で考え、判断して、行動することは難しく、その状態が長引くことも経験上、多く見てきました。私達は、父母の依頼があればこちらから出向き、本人が十分納得して外へ出られるようになるまで協力を惜しみません。「人生は美しく、意味がある」ことを家に閉じこもっている子ども達に教えたいのです。
また私はご家族の皆さんにもぜひ父親、母親として知っておいていただきたいことがあります。登校拒否は、自主性・社会性の欠乏症であると言われます。とすれば、子供達の自主性を奪っただれかが存在するはずです。よく、登校拒否は母親の過保護によると言われますが子供の問題を考える場合には、父親も責任を免れません。不登校の原因として意外に見過ごされているのが父親の存在感です。父親は社会的には真面目で信用があるが、家庭では優柔不断な人が多いのです。何故迷っているのか?「我慢すること」「自制すること」は、封建的で自由を奪うものと思い込んでいるのではないのでしょうか?ー欲望を我慢せず、自制しないで好きな行動をし、強制されないで思いのままに振る舞うーこれでいいのだろうか、子供は社会の厳しさを親を通じて教えられることで社会のルールを覚え、生きる力を身につけるのだから、父親が妻や子供から尊敬され、家庭生活を規律する「おきて」や子供の「しつけ」に自信のある家庭に問題はおきにくいのです。私は父親に対し以下の言葉を贈ります。父親に贈る言葉 「敬愛されよ」「依存されよ」「模倣されよ」
ご家族の皆さんと生徒がフリースクール玄海で自分自身の個性を大切にし、目標を見つけ、その目標に向かって邁進することで充実した毎日を過ごしていけるよう願っております。
代表 嶋田 聡
学園概要
オープンスクール、体験入学(6日位)を行っています。
また随時入学可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
学園名 NPO法人塩浜学園 フリースクール玄海
住所 〒811-3116 福岡県古賀市庄66-1
TEL 092-710-8517
FAX 092-710-8518
URL http://genkai.or.jp/
代表 嶋田 聡
コース 全寮制(個室)・通学生(週5日登校)・相談会員
対象 中学生・高校生・一般
沿革
1998年(H10) 6月 現所にて開校(開校講演会開催)
OISCAフィリピン・ミンダナオ島研修スタート
1999年(H11) 4月 第1回咸臨丸クルーズ(福岡~東京)
トライアスロン大会参加スタート
2000年(H12) 京都・山科 一燈園研修スタート
石川 洋先生講演会スタート
2001年(H13) 第二回咸臨丸クルーズ(福岡~名古屋)
RKBテレビ「大人になるために」(1年間密着取材)
2002年(H14) 9月 西村由紀江コンサート(和白青松園、400名)
10月 NPO法人塩浜学園フリースクール玄海認可
2003年(H15) 校内にログハウス完成
熊本・蓮華院 内観研修スタート
2004年(H16) 長野 白馬・乗鞍スノボー旅行スタート
『ボランティア』スタート
2005年(H17) 大学合格者5名、大検合格3名、高校合格者2名
オープンスクール スタート
子育て講座 スタート
2008年(H20) 4月 『レスリング』授業導入
2009年(H21) 3月 『レスリング大会』実施
2010年(H22) 『さわやかマラソン』参加
『幼稚園ボランティア』参加
『スクール農園野菜つくり』スタート
2011年(H23) 『麻雀ボランティア』参加
『トライアスロン駅伝』参加
アクセス
〒811-3116
福岡県古賀市庄66-1
一週間体験入学・無料相談会 随時受付中!