フリースクール玄海の生活BLOG

 »  フリースクール玄海の生活BLOG »  遠山の目付け

遠山の目付け

2015/11/21

成長や成功の達成のために、実際に積み重ねてゆくものは努力なのですが、

 

実際の努力とは言葉と動作につきます。今、富士山をイメージしたとき、その頂上が

 

成功、達成とするとき、一番気をつけてほしいのはすそ野の広さです。山を三つに分けると

 

一番下のすその部分は、それが無駄に見えることが多いですし、目標に近づくのが

 

遅く感じられます。すそ野の広さ=頂上の高さになるのですが、「それをやって何の役に立つんですか?」

 

「Jリーグの選手になるのに、音楽の授業は必要ですか?」などと、ややもすれば専門分野の知識や技術の

 

習得に眼が行き、手っとり速く、無駄なく追いかけようとしてしまいます。学生時代はすそ野の時代です。

 

海へ走ること、坐禅をすることなど、一見無駄に見えることをいかにやるかが、すそ野を広げより高い

 

目標に到達することを可能にします。今の自分達の生活に自信を持って、まだすそ野にいることを意識して

 

みることです。勿論本業もおろそかにしては行けません。富士山が高いのはすそ野が広いからです。

 

web拍手 by FC2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です