フリースクール玄海の生活BLOG

 »  フリースクール玄海の生活BLOG »  赤蜻蛉(あかとんぼ)

赤蜻蛉(あかとんぼ)

2015/10/05

赤蜻蛉という名前のトンボがいるわけではありません。胴が赤いトンボの総称です。

 

昔はトンボを、秋津と呼びました。日本のことを秋津洲(あきつしま)と呼んだ時代もあるそうです。

 

神武天皇が国を見渡し、「トンボが交尾している姿に似ている」と言ったとか。

 

新しい体験生は運動神経もよくフットサルをやり、スイミングにも行きました。一週間の体験は、

 

本人にとってそれほど辛いものだとは思っていません。一番つらいのはお母さんです。

 

胸に大きな穴が空いた気がしますし、「皆とうまくやれてるだろうか?」と心配になります。

 

純粋で幼くて、少しお茶目で目立ちたがり屋のデリケートで頑固な中学生は、優しい目をして

 

マンガを見ています。

 

 

 

 

web拍手 by FC2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です