フリースクール玄海の生活BLOG

 »  フリースクール玄海の生活BLOG »  義・恥・禮

義・恥・禮

2015/09/19

義は「ずっと続けて間違いの無さそうな言葉遣いや動作」を実際に行うことです。義(ただ)しさは、

 

ずっと続けてという意味ですから、小、中学校から大人になっても間違いのない事になりますから、

 

現在のとりあえず今の状態で「正しい」とは異なります。義を実践することによって、どんな仕事でも

 

場所でも、持っている力が「役立つ」こなります。「役立つ」は人より何かが優れているのでは

 

ありません。恥は「ズルする、盗む、だます、傷つける」ですが、盗み見たり、盗み聞いたりしても

 

法律には違反していないとか、 そんなルールあるんですか?という恥知らずな人は、

 

生きがいや目標、悦びを見つけることは出来ません。自分はズルくないかと考えることが

 

恥を知ることです。恥を知る事で真面目になり、人助けも出来て、役に立つようにもなります。

 

禮は人生の豊さです。礼を尽くすとは自分も相手も良しとすることです。「自分さへ良ければ」とか

 

「相手さへ良ければ」は、礼を欠いたことになります。礼を欠くと人生の豊かさがなくなるわけですから、

 

周りに信頼できる人がいなくなり、 欲しいものも手に入りません。人、事、物を失うのです。

 

「早く辛い日々が終わらないかな」が長く続きます。 義があれば役立ち、恥を知れば生きがい

 

が見つかり、礼を欠けば辛い日々が続きます。

 

「自分が今ここにいて何を見つけるのか?」自分で探しながら下手でもいいからやってみることです。

 

 

web拍手 by FC2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です