フリースクール玄海の生活BLOG

 »  フリースクール玄海の生活BLOG »  心気症

心気症

2015/08/21

体のちょっとした変調、たとえば頭痛や便秘等を、重大な病気の症状

 

と思い込んで悩む神経症です。強迫神経症タイプで理知的傾向が強く、

 

「かくあるべし」の観念的傾向が強い人が多いようです。頭痛は脳腫瘍に思われ、

 

便秘は大腸がんかもしれないと思ってしまい、情報を調べてクヨクヨ悩み

 

受診して特に問題ないと言われても、納得できずに別の病院を訪ねてしまいます。

 

森田療法はこのような症状に対して「あるがまま」をすすめます。気にしまいとすれば

 

するほど気がかりになるのが人の常、気にしないように努力するのは「とらわれ」です。

 

気分がよくなったら始めようと思わず、気分にとらわれず、とにかくやるべきことを今やりましょう。

 

神経室で完全主義で「放っておけない」タイプにはよい方法かもしれません。

 

西日本新聞より

 

 

web拍手 by FC2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です